そもそも社会保険労務士とは?

社会保険労務士とは、通称「社労士」とも呼ばれる人事や労務管理の専門家です。社会保険や労働に関する法律の専門家として、社労士事務所や企業の人事総務部門で活躍しています。社労士になるには、国家試験に合格し、社会保険労務士資格を得る必要があります。

社労士の仕事は主に3種類!なかには独占業務もある

社労士の仕事は大きく3種類に分けられ、それぞれ「1号業務」「2号業務」「3号業務」と呼ばれています。社労士の仕事として多くの人がイメージするのが、1号業務に当たる手続き代行です。手続き代行とは、健康保険や雇用保険に関する書類を作成する仕事のこと。具体的には、健康保険・厚生年金の算定基礎届や月額変更届、労働保険の年度更新手続き、健康保険の給付申請手続きなどを代行します。

2号業務は、労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成です。この業務では主に「法定三帳簿」と呼ばれる書類を作成します。法定三帳簿とは「労働者名簿」「賃金台帳」「出勤簿」のことです。1号業務と2号業務は、企業が自力で行うこともできます。しかし、人事や労務に関する法律は範囲が広く、法改正も頻繁に行われるため、社労士に代行を依頼するのが一般的です。

3号業務は、人事や労務管理のコンサルティングです。働き方の多様化にともない、企業が抱える労働問題も複雑になりました。これに対し、専門家の立場からアドバイスするのが3号業務です。具体的には労務関係の相談に乗ったり、賃金制度や人事評価制度の構築を手伝ったりします。1号業務と2号業務は社労士の独占業務なので、社労士資格を持たない人物がこれらを行うと、罰金が課せられます。

渋谷の社労士は、大手企業から小規模の事業所を対象に、労務管理に関するアドバイスを行ったり、役所に提出する書類の代行をしたりするところが目立ちます。

Menu